看護師が個人病院で働くときの予備知識

個人病院で働く看護師の仕事

個人病院は大きな病院とは違い、限られたスタッフで仕事をこなしていかなければいけません。そのため看護師は、看護業務以外のことをやらなければいけない場合も多いです。一般的な看護師の業務といえば、問診・注射・採血・点滴などを思い浮かべますが、これらの業務以外にもやらなければいけない事がたくさんあります。
例えば、

 

・受付
・精算
・検査画像の現像
・掃除
・医療器具の洗浄、消毒

 

勤務先によって違いがあるでしょうが、個人病院で働く看護師はこのようなことも行っている場合が多いようです。大きな病院にはそれぞれにスタッフが配置されているため、看護師が看護業務以外のことをやるということはほとんどないでしょうが、個人病院ではこれが当たり前なのかもしれません。さらに、診療科目によっても仕事内容が異なりますので、これ以外の業務を任されることもあるでしょう。

 

個人病院では、少ない人数で仕事を分担し、医師がスムーズに診察を行えるように看護師がサポートしていかなければいけないのですね。